「かさい」居合道教室

お問い合わせ

居合道とは

居合道とは

居合道の歴史


居合(他に居合術、抜刀術、抜剣、抜合、坐合、居相、鞘の内、利方などと呼ばれることがある)とは、日本古来より伝承される古武道であり、日本刀を用いた剣武道のひとつです。
その起源は、戦国時代から江戸時代初期の頃に始まったとされています。
呼称の由来は、剣道のように刀を抜いて敵に相対してからの対敵動作「立合」に対して、居合は刀が鞘の中にある状態から坐って(あるいはその場に居て)立合に至るまでの対敵動作であることから「居合」と言われています。
居合の特徴は、坐位または歩行中において、敵の不意の攻撃や組討の際に鞘の中から瞬間的に抜刀し、攻撃(斬る、突く)あるいは防御(受ける)から攻撃へと移って敵を倒すところにあります。
こうした古武道である居合が、先人の研鑽(けんさん)や継承・発展の御尽力によって今日に至るまで連綿と伝わり、現在では武道として「居合道」と呼ばれています。

【武道と武士道】
その昔、古武道としての居合(戦場に必要な戦闘技術を合わせた総合武術のひとつとしての居合)は、戦闘集団の一単位である武士個人の戦闘技術として「武術」や「武芸」と言われていました。
そしてこれらは、時代の移り変わりとともに「それを持つ人の心の修養」としての要素が加わり、「武術」や「武芸」から「武道」へと変化を遂げました。
つまり、単に殺傷技術(武術や武芸)を身に付けるだけではなく、それを扱う人そのものの人間性の向上や人間性の修養を含めて身に付けることを目的として「武道」へと変わった訳です。
さらに、この「武道」に必要な教養や道徳、倫理などが「武士道」となります。

櫻井剣士
(櫻井剣士)

当教室の修得流派


当教室では、荒木無人斎流居合道を修得しています。

【荒木無人斎流居合道の概略】
荒木無人斎流居合道は、流祖荒木無人斎源秀綱(16世紀後半の永禄・天正年間の頃)の実戦体験を基にしている居合道です。 元々は、剣・槍・柔などの個々の武術ではなく、戦場に必要な幾つかの戦闘技術を合わせた総合武術でありました。
その後、継承者により伝承される過程において専門的に分化・発展していき、現在の荒木無人斎流居合道となりました。
今も当時の流れを汲むものとして、群馬県に「荒木流拳法」、埼玉県に「荒木流軍用小具足」、そして兵庫県に当教室が修得する「荒木無人斎流居合道」があります。
(坐業:23本、立業:29本、組太刀:13本、位取り構え、魔祓い)

稽古概要と流れ


居合道の稽古では、主に仮想の敵に対して攻撃・防御の業(わざ)を修得していきます。
詳細には、「構え」「坐業(すわりわざ)」「立業(たちわざ)」について決められた業の順に反復稽古を行い、歳月を掛けてひとつずつ確実に修得しながら稽古を進めていきます。
また、相対するものには「組太刀」があります。

【具体的な稽古の流れ】
■入会~数か月
・入会当初は、道着の着付けや刀の扱い方・振り方、構えといった基本的な稽古を行います。
・居合形も徐々に稽古を行います。

■数か月~1年
・幾つかの居合形をしっかり覚え、居合の基礎を学びます。
・1年程度で専門団体の考査を受審できる位の実力を付けていきます。

■1年~数年
・実力の度合いを見ながら、次の段階へと居合形を学び進んでいきます。
・個人差はありますが、十分稽古を積み重ね、早い人であれば専門団体で初段取得ができる実力まで成長します。
・当教室の編成図上では、教室生が専門団体の考査により初段に合格し、かつ満15歳以上の者であって将来教室の運営を牽引できると期待する者から、必要に応じて「班長」を選任する場合があります。「班長」の任務は、主に新入教室生の面倒を見ることを中心とします。(居合指導はできません。)

■四段合格者
・専門団体の考査により四段に合格した者であって、特に専門団体より認められた場合は、指導資格を授かることができます。
・当教室の編成図上では、教室生が専門団体より指導資格を授かり、かつ将来教室指導者としての活躍を期待する者から「指導者代行」を選任する場合があります。「指導者代行」の任務は、主に教室指導者と協力して、教室生の居合指導に当たります。

■五段合格者
・専門団体の考査により五段に合格した者は、「指導者代行」として本格的に居合道について専門的な知識・技能を身に付けていきます。
・教室生の指導のみならず、教室の運営全般について積極的に関与し、教室指導者と協力して行事準備や進行などの任務を遂行します。

■補足
・当教室は公民館登録グループであり、活動は教室生が主体となって「居合道を学ぶ」ことを目的としているため、段級位称号受審制度は設けておりません。(前述する段級位の表記は、剣武道の世界における通念上の階級制度を示したものです。)
・教室生から「考査受審に挑戦したい」とのご相談があれば、別途、公式に段級位称号受審制度を設けている団体を紹介致します。

節句祭り奉納居合
(平成30年4月8日 住吉神社北条節句祭りに於ける奉納居合の様子)

居合道に求めるもの


稽古を積み重ねることで、剣技だけではなく礼儀を身に付け、将来の目標を持つことで日々の生活を充実させることができます。
居合道が老若男女・国籍を問わず多くの人から愛される理由は、各々が「現代に求められる武士道とは何か?」と追及しながら、己に向き合うことができるからです。
また、稽古に励む同志ができることで、切磋琢磨しながらお互いを理解し合い、コミュニケーションを大切にすることで強い絆が生まれます。
こうした居合道によって、現代になくてはならない士道を極めたいと考えています。

ホームステイの学生との交流
(ホームステイの学生との交流)

ダニエル剣士
(ダニエル剣士)

SNS連携


当教室の活動を皆様に「おすすめ」いただけると大変嬉しく思います。



↑ PAGE TOP